GLOWD@NEWS メンバー発信ニュースサイト

by GLOWD INC.

おもしろスタッフあつまれ🦎vol.2~ヤモリと熱帯魚~

おもしろスタッフあつまれ🦎vol.2~ヤモリと熱帯魚~

前回大きめなヤモリを2種ご紹介しました。

https://news.glowd.co.jp/?p=861

続きまして本日は「擬態お上手ヤモリ」を2種ご紹介します。

◆スベヒタイヘラオヤモリ

わかります?どこにいるか!  
ヒント:目を見つけられたら分かるかも

個体差ありますが、苔や木の枝をモチーフにしたような色・質感の鱗をしております。

探さないとなかなか見つけにいくいんじゃないでしょうか!?

これだとヤモリも安心して寝れそう。

◆エダハヘラオヤモリ

これはさっきのより分かりやすいデスネ。

でももし地面にいても気づかないで踏んじゃいそう!!
こちらがモチーフにしているのは枯葉です。
シッポをよく見ると、枯葉ふうの切れ込み入ったりしてます。

クオリティ高!!

ここでちょっと爬虫類ではなく魚に移行・・・・・・・

◆グラスキャット

という熱帯魚をご紹介します。

こちらはなんと、なぜか透明で骨までスケスケ。

ライトの色がそのまま体に透けるんだからなんか幻想的です、うつくしぃ。

分類的にはナマズの仲間だそうです、はつみみ。

・・・だからヒゲがあるのか!💡

ラスト 海水の熱帯魚で。

◆マンダリンフィッシュ  
(本名「ニシキテグリ」というそうです、はつみみ)

派手ですよねほんとに。
これだと逆に敵に見つかりやすそう😳

でもカラフルなサンゴ礁の中だと、これぐらい派手な方が擬態になるんでしょうか。

ブサカワ系の顔してます。

ひょうきんと言うか、憎めない顔。
こんなに主張の激しい見た目とは裏腹に、サイズはなんと5㎝程・・・。

まさかの控えめ!愛すべきお魚です。

動物みると癒されます、皆さんもぜひ定期的にご覧ください♩

mariko

投稿者:mariko
業務とは関係ない、動物系をメインで投稿します 動物が好き 動物好きに悪い人はいない よろしくお願いします